キャッシング時に実際の年率表示を確認してください

お金を借りるときは、実際の年率を確認することが重要です。真の年率法は、同額を借り入れても、返済にかかる時間や返済率によって返済総額が異なるという特徴があります。詳細な現金支払い計画を作成し、払い戻し額を決定します。実質年利は、1年後に一括払いした場合の借入金に対する利息の比率です。実際の年率は、借り手が返済のために支払ったすべての金額の合計に基づいて計算されるため、利息だけでなく、手数料や印紙税も含まれます。返済利息に加えて費用が発生する場合は、実際の年利を利息として計算する必要があります。実際の年会費に加えて印紙税や手数料を請求する交換会社は違法となる場合がありますのでご注意ください。高利貸しやその他の人々は、低い年間収益と高い料金を請求することで彼らを安心させる方法を使用することができます。現在、法律では、コレクションへの関心を実際の年率で提示することが義務付けられていますが、悪意のある企業に惑わされないように注意してください。真の年利法では、金利を正確に比較することができ、返済方法や返済回数に違いがあっても問題ありません。したがって、ローンを取得するときは、表示が真の年率であることを確認してください。ただし、実際の年利を計算するのは非常に面倒で、電卓などで利息を計算するのは難しいので、コンピュータなどを使わなければならないというデメリットがあります。

error: Content is protected !!