イチョウ葉エキスの成分と働き

現在非常に人気のあるフラボノイドの抗酸化作用は、イチョウ葉エキスに含まれています。活性酸素種はもともと体を守るために作られていますが、ストレスやウイルスの影響で増えすぎる性質があります。活性酸素の量が増えすぎると、細胞が破壊され、動脈硬化症などの生活習慣病を引き起こします。フラボノイドはこの活性酸素を取り除きます。まず、血管を修復・強化し、弾力性を与え、血液循環を促進し、血液循環機能を改善し、次々と症状を癒します。イチョウ葉エキスには、脳機能を改善する効果のあるビロバリドと呼ばれる成分も含まれています。この行動は集中力と記憶力を改善するのに役立ちます。イチョウ葉エキスのもう一つの成分は、血栓の形成を防ぐギンコライドです。また、抗炎症作用があり、アレルギーの改善にも役立ちます。イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドであるカテキンにも抗酸化作用があります。その結果、高血圧が抑制され、血糖値と血中コレステロールが抑制され、老化が回避され、抗菌効果も発揮します。このようなさまざまな機能を持つ多くの成分を含むイチョウ葉エキスは、私たちの体を守る素晴らしい成分です。スリミューズ

error: Content is protected !!