破産を申請する前に特定の調停を取ります

破産申請前の防御策として、2000年7月より「特定債務等の調整を促進するための特定調停法」が適用されました。この特定の仲裁法が適用される条件は、債務者が破産する可能性があることです。現時点では、金銭債務の利息を調停することができます。たとえば、複数の現金ローンのために毎月の支払いが増えたために破産の危機に瀕しているとしましょう。このような場合、特定の仲裁手続きを実行して、返金することができます。特定の調停要求は、支払うべき債務を持っている人によってなされなければなりません。ただし、例外として、所定の研修を修了した弁護士または公証人が代理で行動する場合があります。たとえば、これまでの返済総額を再計算し、金利制限法で定められた実際の年利18%を超える利息を支払った場合、利息が多すぎるなどの調停が返されます。過払いに。それが可能だ。元本に支払う必要のない追加の利息を追加して使用することができます。このようにして、特定の仲裁において、毎月の支払い額と返金の合計額を削減または削減することができます。一部の人々は調停を通じて破産を免れた。それまで破産を申請せざるを得なかった人でも、この「特定の債務の調整などを促進するための特定の調停法」を通じて抜け道を見つけることができるようになりました。

error: Content is protected !!