仕事を探すときに転職する理由

転職の理由は、通常面接時に聞かれるからです。就職面接で転職の理由を尋ねる理由も、その答えを聞いて自分がどんな人なのかを知るためですが、前職を辞めたのと同じ理由でこの会社を辞めました。また、そうであるかどうかを確認します。時間外労働が多いために仕事を辞めた人は、従業員に時間外労働を求める傾向のある企業に採用される可能性が低くなります。同じ理由で禁煙します。一方、辞める理由が人間関係の問題である場合、環境が変化すれば問題はなくなるようです。しかし、漠然と悪い関係にあるという理由だけで、就職活動は不利になる可能性があります。面接官によっては、職場の見た目が変わっても、協調運動不全の人でも同様の問題が発生する可能性があると判断する場合があります。また、周囲の人に問題があり、悪くないと言う人は先に拒否されます。これは、あなたが責任を他人に移し、彼らが自分の問題について考えていないという印象を与えるためです。転職の理由が職場の人の問題であることを隠しません。就職活動で大事なのは、それをどう表現するかです。面接では、小さな表現をデザインすると採用の確率が大きく異なります。問題について明確に話し、問題の原因とその修正方法について説明しましょう。

error: Content is protected !!