顎の整形手術について

顎骨は整形手術によっても形作ることができます。そして、きれいになりたいという理由で形成外科に興味を持っている人もいるようです。全身麻酔後、形成外科を開始します。全身麻酔は危険ですので、クリニックを選ぶときは、設備の整った麻酔センターを探してください。良い医者が適切にフォローしている限り、麻酔は問題ではありません。整形するときは、余分な顎の骨を切ります。形成外科は1日1人に制限されており、レントゲンでチェックインする際は慎重に行う必要があります。手術時間は約6時間で、長時間の手術ですが、丁寧に行えば出血はほとんどありません。手術後しばらくはくすみを感じるかもしれませんが、痛みは心配するほどではありません。手術後しばらくは顎の腫れは治まりませんが、約1ヶ月で70%の腫れが治まり、その前に強い腫れが治まります。診療所での手術内容によっては、手術後約2週間は入浴できない場合があります。ぬるま湯で締めくくりましょう。手術後しばらくの間、病院で処方された消毒剤で歯を磨いてください。市販のミントパウダーには汚れがたくさん含まれています。形成外科手術の2週間後、あなたはあなたの口の中でワイヤーを引き出すことができます。お粥などのやわらかいものを糸が抜けるまで食べ、2週間ほど休憩します。あごの整形手術はそれほど簡単ではありません。整形手術が本当に必要かどうかを慎重に検討してから実施したいと思います。エレスリムの口コミ

error: Content is protected !!