脇の多汗症手術にはボトックス注射

発汗を止める手術によって脇の下の多汗症を治療する方法もあります。脇の下の多汗症手術のためのボトックス注射と呼ばれる美容整形手術がありますが、これは最後の手段にすぎません。多汗症の側方手術は本当に必要ですか?ボトックス注射を受ける前に、十分なカウンセリングを受けて、多汗症に対処するための最良の方法を考える必要があります。ボトックス注射を受けることで、あなたはあなたの側の多汗症をコントロールすることができます。ボトックス注射は、発汗を抑えるために、筋肉や神経から交感神経に発汗作用を伝達する部分を遮断します。治療時間は20分未満で、発汗しやすい場所にボトックス注射を行います。非常に細い針を使用しているため、術後の痛みはほとんどありません。また、切開が行われないため、傷跡が残らず、ボトックス治療のメリットは短時間で完了できることです。ボトックスで多汗症をコントロールすることは、利益だけではありません。ボトックス注射の欠点は、効果の持続期間が数ヶ月から1年にもなり、多汗症が完全に治癒しないことです。食中毒の原因となるボツリヌス毒素は、ボトックスの原料です。ボトックス自体は、米国の厳格な安全基準によって認められている非常に安全な製品です。多汗症の対策としてボトックス注射を使用する場合は、ボトックス注射の特性と多汗症の程度に基づいて使用することを決定する必要があります。ハリウルの評価

error: Content is protected !!