メタボリックシンドローム予防のための食事

メタボリックシンドロームでは、食生活の改善が最初の予防策です。食事は内容に限らず、時間や量、食べ方に気を配る必要があります。日常生活に少し気をつけて予防策を講じることができるので、少しずつ神経質にならずに行えば、食生活や健康に良い結果がもたらされます。メタボリックシンドロームの予防策として、就寝の少なくとも3時間前に食事をしてください。その理由は、睡眠後3時間以内に飲食するとトリグリセリドが増加し、食べた直後に眠るとトリグリセリドを代謝する機能がうまく機能しないためです。このように処理できなかったエネルギーは血中に残り、トリグリセリドの増加を引き起こします。また、食べた直後に就寝すると脂肪がよく吸収され、脂肪がそのまま残り、メタボリックシンドロームの状態になります。時間をかけて食事をよく噛むと、メタボリックシンドロームも予防できます。咀嚼は満腹感を刺激し、少量の食事でも満足させ、インスリン分泌を正常化して肝臓への負担を軽減します。目安として、少し30回程度、理想的には食べ物が口の中でお粥になるまでです。過食を避けることもメタボリックシンドロームの効果的な予防策です。これを行うには、毎日必要なエネルギー量を知り、その中で食べることで、脂肪の浪費を防ぐことができます。オルチャニストの効果

error: Content is protected !!