関節痛とコンドロイチン

コンドロイチンは、関節組織を維持し、関節の動きをスムーズにする強力な保水力を持っています。骨同士の関節は軟骨で覆われており、軟骨が直接接触する部分は関節液に溶けたヒアルロン酸で満たされています。軟骨同士がスムーズに接触できれば、骨同士の摩擦が大幅に軽減されます。激しく運動しても関節を傷めずに使用できます。しかし、コンドロイチンは年齢とともに徐々に失われるため、この力も低下し、軟骨の弾力性も低下し、その機能が失われます。コンドロイチンが不足していると、軟骨がすり減り、骨が直接当たって関節痛を引き起こします。骨がむき出しになると、骨表面の骨膜が刺激され、関節痛を引き起こします。関節には、腕や首、体重を支える膝などがあり、体の動きを支える重要な部分です。コンドロイチンが体内で十分に合成されない場合、関節痛を引き起こします。コンドロイチンは不足していても補充できるので、正常な機能を取り戻すことができます。コンドロイチンの痛みを和らげる機能は、痛みを引き起こす物質に直接付着することです。コンドロイチンはまた、関節液を補給することによって関節細胞に作用し、炎症を抑制する能力があります。ヘアリシェ 評価

error: Content is protected !!