日焼け止めクリームの成分

日焼け止めクリームは、UV吸収剤とUV散乱体の2つの成分で構成されています。日焼け止めクリームの成分であるUV散乱体は、紫外線の刺激から肌を保護します。皮膚が紫外線散乱体で覆われていると、紫外線が反射され、皮膚は日焼けから逃れます。このUV散乱体はあなたの大切な肌を紫外線から守りますが、UV吸収剤よりも肌への負担が少ないです。紫外線吸収剤を多く含まない日焼け止めクリームは、紫外線を遮断する能力が低くなります。それはおそらく主に紫外線から皮膚を保護するUV散乱体の作用に依存しています。名前が示すように、紫外線吸収剤の機能は紫外線を吸収することです。また、紫外線を熱エネルギーに変換して、紫外線が肌に浸透するのを防ぎます。このように機能する紫外線吸収剤にも欠点があり、紫外線を吸収する代わりに酸化するため、必然的に皮膚への負担が大きくなります。したがって、頻繁に使用するほど、肌にかかるストレスが大きくなり、肌荒れが大きくなる可能性があります。日焼けを防ぐには、紫外線を遮断する日焼け止めクリームがとても便利です。ただし、肌の健康を考えると、使いすぎると危険な場合があります。ルメント ホワイトニングジェルの評価

error: Content is protected !!