メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームという言葉は今では誰も聞いたことがないほど話題になっていますが、それは正確にはどういう意味ですか?これはまず、内臓脂肪肥満(内臓肥満/腹部肥満)と呼ばれる肥満の人々です。そして、高血糖、高血圧、高脂血症の2つ以上が組み合わさった状態です。これまで、日本のメタボリックシンドロームの診断と対策は、海外で確立されたメタボリックシンドロームの診断基準に基づいていました。 2005年4月に開催された日本内科学会の総会で、待望の日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が発表されました。現在、日本では診断基準となっており、対策を検討することができます。特定の診断方法は、最初に腰の直径によって内臓脂肪の蓄積を決定することです。標準値は男性85cm以上、女性90cm以上です。この内臓脂肪が腹部CT画像で正確に測定されていると仮定しましょう。その場合、このウエストの直径の数字は、100平方センチメートルの断面積に対応します。その結果、タボリック症候群と判断され、対策が必要です。このように、世界中で注目され、問題視されているメタボリックシンドロームについて、さまざまな対策が検討されています。パエンナキュット

error: Content is protected !!