住宅ローンのつなぎ融資とは何ですか?

つなぎ融資は住宅ローンを作るときに重要です。住宅ローンを申請しても、申請から差し押さえまでにはタイムラグがあります。今すぐ家を買うにはお金が必要ですが、ローンを組むには数日から数十日かかることもあります。つなぎ融資は、住宅ローンが実行されるまであなたのお金を収容するために借りるローンです。住宅ローンの遅延を待つ代わりに、住宅ローンを支払うか、つなぎ融資で建設を開始し、後で受け取った住宅ローンでつなぎ融資を返済します。つなぎ融資で敷金を支払った後、土地を検索します。金融機関から住宅ローンを借りるには担保が必要です。担保は通常、登録された土地で作成されます。つなぎ融資から借りた資金は、住宅ローンから返済されます。つなぎ融資を受けるには、契約を結び、手続きを完了し、主要な住宅ローンの手続きとは別に金利を支払う必要があります。新しい家を建てるとき、一部の会社は、不動産業者が彼らに代わって直接受け取るべきであったローン資金を受け取る「代理領収書」を許可し、代わりに価格を支払う前に登録を許可します。このフォーム(「代理領収書」と呼ばれます)を受け取ることができるかどうかは、不動産会社次第です。土地を購入して家を建てるときは、自分のお金を使うのか、最初に返済しなければならないのにつなぎ融資に頼るのかを慎重に考える必要があります。

error: Content is protected !!