ローン利息加算法と実質年利法

年次実質金利法または補足法で請求することにより、受け取ったローンの利息額を計算します。アドオンは、「アドオン」の略で、わかりやすい計算と低い見かけの金利を特徴とするアドオンから派生した利息計算方法です。現在、法律では実際の年率のみを表示することが義務付けられているため、補完的な方法が消費者金融で見られることはめったにありません。追加の方法はローンの初期額から計算され、実際の年率はその時点でのローンの元本から計算されます。 20%の追加料金で100万円を借りると、1年後に得られる利息は100万円×20%= 20万円になります。そして、返済総額120万円を1年間の返済回数で除算し、分割時に返済額を算出します。追加の方法を使用して利息を計算し、返済額を計算することは、想像しやすく、理解しやすいものです。実際の年率が20%の場合、同じ条件で払い戻しを行うと、最終的な払い戻し額は111万円になります。このように、同じ20%の表示でも、実際の年利法とアドオン法では利息が完全に異なります。違いは、最初のローンで利息を支払うか、支払いが進むにつれて稼ぐ元本の金額を過小評価するかです。追加方式では、実際の年利方式よりも金利を低く表示できるので、良い金利だと思いがちです。現金ローンを取得する前に、金利が実際の年利として表示されているのか、追加の年利として表示されているのかを事前に知っておく必要があります。

error: Content is protected !!