直球的に考えて

おもしろい、という言葉は本来何かを見て感じた時に出てくる言葉だ。状況はそれぞれだが、至極単純に見た際に出てくるものとして笑わされる物を見た時には誰もが感じることでしょう。笑う瞬間についても人によっては人が不幸に面している場面を見て、『他人の不幸は蜜の味』などとゲスの極みと揶揄してもおかしくない態度をする人もいる。こういう人はまず人格を疑うべきなのだが、そういう意味合いではなく純粋に誰もが見て、これを見ずして笑わない人はむしろおかしいという方向線での話だ。

通常、というよりは正確な意味合いとして見るおもしろいについて語るなら、こちらが挙げられます。世の中でそう言われているものといえば、をインターネットで探してみると正直時と場所をわきまえて探さないと大変なことになりかねない。

例えば会社で、仕事の合間のちょっとした暇つぶしがてらに検索してみたら、思わず高笑いが出てきそうな画像を視認したとしよう。無表情で普段から笑いの機微が少ない人ならば耐えることも可能かもしれません。そもそも仕事の最中に不謹慎すぎると激怒する人もいるかと思いますが、あくまで休憩がてらとしての意味合いだ。流石に終日役所のデスクでソリティアをしていたおじさん課長といった実際にあった問題もありますが、そういう人でも思わず笑ってしまう爆笑画像をただひたすらに紹介する『おもしろいサイト』もあります。

好みは違えど

おもしろいサイトと、そのままの意で見ていいものとして挙げられるのは腹筋崩壊寸前、と言われるようなものだ。これは文字通りで見る際には仕事などをしている際には見ないほうがいいと、度々警告がなされています。それだけ表情筋を破壊するだけの威力を持っているものの選りすぐりがあるわけだが、それもやはり人によっておもしろいかどうかの尺度は変わってきます。

個人的にも見ていておもしろいなぁと、普通に笑えると感じる物もありますが、その中で1つ気になる物を見つけたことがある。

全員同じ顔だよね?

爆笑必至のおもしろいサイトには、様々なサイトで掲載されたものから引っ張ってきてこれでもかと張り巡らされている。SNSをも駆使して見つけられるのは画像がほとんどとなっているが、今回その中でも1つピックアップしてみたいものがある。本来ならいくつも取り上げたいところですが、それをしていたら時間がいくら合っても足りなくなるので、絞って考えてみる。取り上げるのは『ミス韓国候補者』についてだ。

ミス韓国とは、すなわち韓国国内で選抜されて決定されるその年で一番美しいと思う韓国人女性を選ぶためのコンテストだ。美しさに自信のある女性たちが集い、己が磨き上げた美を披露して自分の素晴らしさを世にアピールするための大会だ。要するに出たがりの目立ちたがり屋が参戦する自己満足コンテスト、という風に筆者は見ている。こんなことを言ってしまうとひどく怒られそうですが、そもそも美しさを競って何かあるのかという疑問を持っているからだ。特に韓国の内情を考えるとあまり笑えない。

誰もが周知の事実として認識していると思いますが、韓国は有名な整形大国としてその名を馳せている。女性にしても男性にしても、国民は自身の生まれ持った顔を弄って少しでも容姿を良くしようと言う人で溢れかえっているのだ。誤解を招きかねない言葉と感じる人もいるでしょうが、ミス韓国候補者達の顔はその象徴とも言える。なぜなら、彼女たちの顔は全員並べてみても『寸分違わないと言えるくらい似ている』からだ。

最早同一人物かと、影分身の術で分裂しているのではと思わされるような、そんな光景がはえているのです。美しさを極めたいがために求めた先が、同一の顔になれば美しいという価値観のようだが、正直理解に苦しむ。気持ちはわからなくもないが、美しさの求め方に違いが合ってもいいのではといつも思ってしまいます。

笑えるものは本当に笑える

ミス韓国候補者が全員顔が同じ、という案件はある意味別格だ。それこそ噂を改めて裏打ちして真実違わないとする材料になってしまっている程。それをおもしろいと言わずしてなんとするか。ただ他にもおもしろいと言える物はあるだろうと言われると、それは当然ある。数が果てないので気になったものを取り上げると、軍隊の演習で対空バズーカを発射したが飛来せずにわずか1m圏内に落ちてしまい、思わずその場にいた兵士が退避する羽目になった、という展開を見た時はおもしろかった。いくら戦士になったからには命を奪われる覚悟をしなければならないと言っても、事故で死んでは元も子もない。

あまり紹介できないのが残念ではあるが、一度『爆笑必至のおもしろいサイト』と検索すると腹筋崩壊注意と言われるところを見つけられるので、見て欲しいところだ。