一瞬理解が追いつかなかった

インターネットを介したおもしろいサイト、というのは本当に幅広い。幅広すぎてたまに意味がわからなくなる事がある、それこそ何を意図してこんなサイトを作ったのか、こんなサービスを開始したいのかと、ぶっ飛んだものもあります。こういうのも一重に『おもしろいサイト』と称される、垣根なくおもしろいから笑える。

今回はこうした記事を執筆することになったので、普段あまり検索しないワードでサーフィンをしてみると奇妙なサイトを見つけた。『おっさんレンタル』、その名の通り中年のおっさんをレンタル出来るというものです。クエッションマークが浮かんだ、これは誰もが情報無しで見つけた際に出てくるものではないでしょうか。正直筆者はこのサイトを見たとき、いわゆる同性愛者が出会えるような社交場なのかと思った。もちろん、そういうものではなく純粋に中高年のおじさま方をお借りすることが出来るのです。

誰得だと言いたくなりますが、色々と利用できるのかもしれません。まずはこちらのサイトの概要を簡単に紹介していこう。

おっさんレンタルとは

まずはサイトについて話をしないとついてこれない人が多いと思うので簡単に説明すると、このサイトでは『イケてると勘違いしているおっさんを1時間1,000円からレンタル予約できるサービス』だ。

……、どうしよう、執筆している筆者当人ですら一瞬混乱してしまった。そもそも‘イケてると勘違いしているおっさん'という時点で何かがおかしい。これはつまりあれだろうか、自分がモテる男だと勘違いして派手なファッションで女性たちにアピールしているという、痛い大人の類いなのだろうか。そんなおっさんたちをレンタルしてどうしろというのか。正直利用者層が気になるところだ。しかも1時間1,000円ってかなり安い、時給1,000円と考えれば相場かもしれないがそれでもご足労やレンタル時間を考慮しても割に合わないかもしれない。

もしかしたらサービスありきで利害は度外視なのか、とも思いましたがそういうわけでもなさそうだ。どうしてこんなサービスをしているのか、そのわけも気になるところだが、レンタルしてどうするのかというと、何でも良いようです。愚痴を聞いてもらったり、ナイショ話をしたり、果ては自分都合でパシリにしてもいいという。最後の方はどうかと思うが、要するに何でも屋といった感じだ。そもそもイケてるおっさんがそんなことするのかという疑問もありますが、まぁいいでしょう。

利用の流れとして

独特すぎるサービスを提供しているこちらのサイト、利用するための流れとしてはこのようになっている。

申し込みから利用開始までの流れとなっていますが、何処からどう言えば良いのか正直気になる。ちなみにこのサイトに登録されているおっさんの数は計100人以上、全国各地で利用できるとあって、近隣のおっさんしか対応できないものの、誰でも気軽に扱えるようだ。まぁ利用者によっては援交をしている、それかそういう危ない関係な2人、的にも見られているかも知れませんけどね。

テレビでモデルに

どうしてこんなサイトがおもしろいと言われているのかというと、実は現在放映中のテレビドラマにてモデルとなっているからだ。ドラマ名は控えますが、そうしたメディアの威力があってか注目を集めているようです。様々なサービスがあるのは知っているつもりだったが、今やおっさんをデリバリー感覚で利用するのが通なのかもしれない。

ただどうしてもウ○専に見えてしまうのが、気になるところだ。

どうなんだろうか

おもしろいサイトとして見つけたサイトがおっさんレンタルだったわけだが、果たしてどうなんだろうか。恐らくドラマによる影響からの一過性が強いのかもしれません、そういう気質がもしかしたらあるのだろうが、おっさんをレンタルしてまですることが本当にあるか。年上の、誰でもない人に仕事の愚痴を聞いてもらいたい、そういう悩みを抱えている人には最適なのだろう。しかし見も知らぬ他人に愚痴を聞かせる価値があるかといえば、そうでもないだろう。

おもしろいサイトと言えばおもしろいかもしれませんが、利用するに至っては勇気が入りそうだ。